2019.03.11

チャイルドケア留学情報

持ち物リスト

忘れずに持っていくもの

  • パスポート
  • 航空券 / Eチケット
  • 海外保険証明証

観光ビザ・ワーホリビザの方は、海外旅行保険、学生ビザの方はOSHC海外留学生保険に加入します。
海外旅行保険に入っていないと、万が一病院にかかった時に、高額請求されますので、必ず加入しましょう。

  • オーストラリアドル

現地到着後の移動や食事などで使う分、最低限を用意しておきましょう。
まとまった金額は、オーストラリア到着後の両替の方がお得です。

  • 日本円

帰国時、移動や食事などで必要です。

  • 入学許可証

学生ビザの方。

生活に必要なもの

  • クレジットカード

クレジットカードは各種支払いのほか、身分証の1つにもなります。チャイルドケアの無犯罪証明書を申請時の身分証の1つとしても使えます。Visa、Master cardが主流です。JCBはほとんど使えません。

  • 常備薬

日本で飲みなれている薬がある場合は持参しましょう。

  • 携帯電話

日本のSIMフリー携帯に現地のSIMカードを入れて使えます。

  • 充電器、変換プラグ

携帯電話、パソコンなどの充電用。オーストラリアはO型プラグです。

  • 筆記用具

現地での学習用に必要です。入国カード記入用にも、機内に1本持ち込みましょう。

  • 衣類

冬は朝晩の気温が下がったり、地域によっては日中でも肌寒く感じます。
渡航時期や長期滞在の時は上着や暖かい肌着もあると重宝します。夏の冷房対策に薄手の羽織るものがあってもいいです。

  • 下着

サイズが合わなかったり、質は日本の方がいいです。生理用ショーツはオーストラリアで売っていませんので日本から持参しましょう。

  • 化粧品、洗顔や化粧水など

海外でも購入できますが、肌に合わないこともあるので、日本で使い慣れているものを持参するといいでしょう。

  • トラベルセット

現地で購入するまでの間のシャンプー、歯ブラシセット、洗顔用品など

  • 日焼け止め

オーストラリアの夏は日差し、紫外線が強く、日本の5~7倍です。こまめに塗りましょう。
オーストラリアのスーパーなどでも購入できます。日本製よりも使用感はべたつきますが、紫外線をしっかり跳ね返してくれる「紫外線散乱タイプ」です。

必要に応じて持っていくもの

  • パソコン

長期滞在予定の方。レポート提出などで使う時、自分のパソコンがあると便利です。

  • セミフォーマルの服

チャイルドケアの面接に行く予定のある場合は、1着あるといいです。
私服よりも少しかしこまった感じの服があるといいです。日本の面接時のようなスーツは必要ないです。

  • コンタクトレンズ

保険でカバーされず、日本より高いので、一定量あるといいです。

  • 水着

現地でも買えますが、サイズが大きかったり、ワイヤーやパットがないものが多いです。

  • サングラス

夏の日差し対策にUVカットのものがおすすめです。

  • 折りたたみ傘

急な雨の時などかさばらず、重宝します。

  • チャイルドケアセンターで試してみたい日本のもの

折り紙や紙芝居など日本では当たり前のものも、オーストラリアではとても喜ばれます。

  • 日本の運転免許証、国際免許証

運転予定の方。

現地調達できるもの

  • シャンプー、ボディーシャンプー、コンタクト洗浄液、生理用品などは、日本のメーカーのものも購入できます。
  • ドライヤー、炊飯器は現地で安く調達できます。シェアハウスにすでにある場合もあります。
  • 日本食は、割高になりますが、現地でも購入できます。
  • 虫よけスプレー、かゆみ止めは、日本のものより、現地のものの方がよく効きます。

ブログ一覧へ