2019.03.21

チャイルドケア留学情報

長期留学にかかる費用


長期留学、どのくらい予算が必要?

チャイルドケアの学校に通い、長期留学する時にかかる大まかな費用の目安です。
 

  • 学校手配料、サポート料

オーストラリア保育留学では、語学学校、チャイルドケアカレッジの手配料、サポート料は「無料」です。
 

  • ビザ申請費用

学生ビザ $630 (2021年7月時点)
 

  • 健康診断

約25,000円
チャイルドケアを学ばれる時、ビザ申請の際に移民局から健康診断を求められる可能性があります。
健康診断は、指定病院7か所での受信が必要です。→こちら

     

  • 海外留学生保険

OSHC:Overseas Student Health Cover
学生ビザを申請する留学生は、OSHC(海外留学生保険)に加入することが義務付けられています。オーストラリア滞在中の病気や怪我などの際に適切な医療を少ない負担で受けられ、期間は学生ビザの期間全体をカバーする必要があります。
 
12か月 約$520
保険会社によって料金に多少の違いがあります。
 

  • 航空券

片道 約3~8万円。
日本からの直行便で、カンタス航空、ジェットスター航空、日本航空があります。
ジェットスター航空はお得なキャンペーンも行なっていて、My Jetstarに登録しておくと、キャンペーン情報がメールに送られてきます。
ジェットスター航空 日本語ホームページ http://www.jetstar.com/jp/ja/home

     

  • 空港ピックアップ料金

約$120~170 *オプション / 申し込みの学校と、空港からの距離によって異なります。
 

  • ホームステイ手配料

約$250~300 *オプション / 学校によって異なります。
 

  • 滞在費

ホームステイ約$260~330 / 週 平日2食、土日3食付き
シェアハウス 約$150~200 / 週 食事は自炊。
 
渡航後、最初の1か月、ホームステイをした後、シェアハウスに移ると、生活や環境に慣れて落ち着いてから、安く生活ができるので、お勧めです。
 

  • 食費

自炊 約$50~100 / 週
 

  • 交通費

バス、電車、トラムがあります。週あたりの平均は$30~50くらいです。
 

  • 娯楽費

外食、観光、買い物など
 

  • 学費

語学学校学費 
週あたり 約$350~400
3か月 約$4500
6か月 約$9000
 
チャイルドケア学校学費
CertificateⅢ 約$6000~6900
Diploma 約$9500~17000
お得なCertificateとDiplomaがパッケージになったコースもあります。
約$16000~19000


アルバイトの収入は?

オーストラリアでは、学生ビザで「2週間あたり40時間」の就労が認められています。学校が休みの期間は時間無制限に働くことができます。
語学学校の間は、放課後や土日にアルバイトができます。チャイルドケアの学校は、週2日の通学の所が多いですので、学校のない平日や土日にアルバイトができます。
 
オーストラリアの最低時給は$20.33 です。(2021年7月時点)日本食レストランやホテルのクリーナーなどのアルバイトは英語力が初級のうちでも簡単に見つかります。ただ、歩合制であったり、最低時給を大きく下回っている場合もあります。チャイルドケア関係では、学校に通いながら、ベビーシッターやチャイルドケアセンターでアルバイトをしている方もいます。
 

  • 学生ビザで週20時間、働いた場合の収入。

・日本食レストランでアルバイト(時給$15で計算)
→ 1か月 約$1200 / 1年間 約$14,400
 
・最低時給を満たしているアルバイト(時給$19で計算)
→ 1か月 $1520 / 1年間 $19,000
 
・チャイルドケアのカジュアルでアルバイト(時給$25で計算)
→ 1か月 $2000 / 1年間 $25,000
 
チャイルドケアセンターでのアルバイトは、チャイルドケアの学校に通う前は、働くことができません。子供関係の仕事はベビーシッターで子供のお世話の仕事を経験したり、デミペアをして子供のお世話と滞在費を安く抑える方法もあります。
 

  • 資格取得後、ワーホリビザや卒業生ビザで働く場合。

時給$25、1日8時間、週5日で計算
→1か月 $4000 / 1年間 $50,000
 
 
オーストラリアの時給は高いので、アルバイトをしながら生活費や学費にあてることもできます。ただ、渡航後、仕事がみつかるまで時間のかかる場合や、希望通りの日数、シフトに入れない場合もあるので、予算の計画をたてるうえで、考慮しておいた方がいいです。
 
また、語学学校に通っている間は比較的余裕があっても、カレッジでの授業や実習が始まると、英語での課題の提出などに時間がとられる傾向があります。留学資金はある程度余裕をもって準備をして渡航された方が、安心して留学生活を送れるでしょう。

ブログ一覧へ