2021.08.04

チャイルドケア学校

ZOI Education

ZOI Educationはチャイルドケアに特化した専門学校です。
子供病院のある建物内に位置し、チャイルドケアセンターも運営しています。質の高い教育を受けたスタッフを育成することを目標としていて、働いた時に役立つスキルが身につくよう、参加型の授業を多く取り入れています。
 
実習はZOI Educationの姉妹園と提携しており、より実践経験を積めるように、規定より多く経験することができます。姉妹園のチャイルドケアセンターはイタリアのレッジョエミリアベースなので、幼児教育の中でアート系など興味のある方にもおすすめです。
 
学校には日本人スタッフが在籍しており、クラスメイトの国籍は様々で、いろいろな国の文化に触れながら学習することができます。
 

学校について

  • 場所

Ground Floor, 48 Flemington Road, Parkville,3052
最寄り駅:Tram Royal Children’s Hospital / Flemington Rd Stop19 から徒歩5分
 

  • WIFI

有り
 

  • 日本人スタッフ

在籍

チャイルドケアコースについて

  • 入学基準

・18歳(高卒)以上
・IELTS アカデミック5.5
*英語力が満たない場合は、提携の語学学校のUpper-Intermediateレベルを修了することで、ダイレクトに入学ができます。
 

  • 入学日

年4回。1月、4月、7月、10月
 

  • コース日程

週3日通学
月曜日、火曜日 9:00〜17:00 通学
水曜日 9:00〜13:00 オンライン
または、
水曜日、木曜日 9:00〜17:00 通学
金曜日 9:00〜13:00 オンライン
 
【実習】
コース期間中にチャイルドケアセンターでの実習もあります。
Certificate 3  168時間
Certificate 3 + Diploma  448時間+
 

  • ZOI Education動画

学費について

  • ZOI Education学費

・入学金  $200
・教材費  $585
 
CertificateⅢ (12か月)
$8,300
 
Certificate3+Diploma (24か月)
$16,200
 

  • 到着後の滞在先

・ホームステイ
手配料 $280
滞在費 $305 / 週 (個室、平日2食、週末3食付)
 
・シェアハウス
手配料 $250
滞在費 $385/ 週 (個室、自炊)
 
現地生活に慣れた後は、自分でシェアハウスを探して移る選択肢もあります。
シェアハウスは下見をしてから決められることをお勧めしています。

オーストラリア保育留学でのお申し込み特典!

オーストラリア保育留学でのお申し込み特典

「オーストラリア保育留学」でお申込みいただくと、「学校の無料手配」のほかに、「保育専門の無料サポート」が受けられます!

  • オーストラリアのチャイルドケア情報の提供
  • カレッジでの学習や、働く時に必要な保育指針の日本語版の提供
  • チャイルドケア専門の履歴書作成サポート
  • 保育園での面接でよく聞かれる質問集、現地就職情報の提供

 

  • チャイルドケア専門の英会話レッスン
  • 英語手遊び/ストーリータイム講座
  • 保育ワークショップ

 

チャイルドケアカレッジ留学について

チャイルドケアの学校では、語学学校のように英語自体を学ぶのではなく、英語で授業、課題、実習をこなしていくため、大変だと感じる方が多いです。英語力は働くときにも必要になりますので、事前になるべく英語力を上げられるように準備をしましょう。ZOI Educationは語学学校の提携がありますので、進学のための準備ができます。
nbsp;
クラスは多国籍で、いろいろな国から留学生が集まって学習しています。クラスメイトと一緒に助け合いながら、授業、課題などをこなしています。チャイルドケアのコースを受講するうちに、チャイルドケアの知識、実践力はもちろん、英語力も確実に伸びます。そして、実習先からアルバイトのオファーをもらう方もいます。
nbsp;
大変に感じることもあるかもしれませんが、オーストラリアの学校で頑張ったこと、チャイルドケアの経験をしたことは、日本ではできない経験で、乗り越えた時に、自分自身が大きく成長することができます。
そして、なにより、子供達、とってもかわいいです。オーストラリアの保育の様子や活動も日本と違っていて、とても興味深いので、チャイルドケアの留学は貴重な経験になるでしょう。
 

  • チャイルドケアカレッジ留学までの流れについては、こちら
  • 長期留学のおおまかな予算については、こちら

 

ブログ一覧へ