2020.03.07

お知らせ

オーストラリア コロナ情報(6月26日更新)

オーストラリア保育留学

Last Updated:2022年6月26日
 
オーストラリアでの新型コロナウイルス関連の情報です。
 

出発前に行うこと

  • ワクチン2回接種済み証明書

接種を受けた自治体に問い合わせて発行をしてもらいます。
厚生労働省の説明リンク → https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html
 
移民局の説明リンク → https://www.passports.gov.au/guidance-foreign-vaccination-certificates
 

  • Digital Passenger Declarationの記入

出発の1週間前からアカウントの作成、入力、提出が可能です。
https://covid19.homeaffairs.gov.au/digital-passenger-declaration
 

到着後に行うこと

  • New South Wales州

現在は、到着時の抗原検査など必要はありません。
 
https://www.nsw.gov.au/covid-19/travel-restrictions/international-travel-rules
 

  • Victoria州

現在は、到着時の抗原検査など必要はありません。
 
https://www.coronavirus.vic.gov.au/information-overseas-travellers
 

  • Queensland州

6月30日より、到着時の抗原検査は廃止になります。
 
https://www.qld.gov.au/health/conditions/health-alerts/coronavirus-covid-19/current-status/public-health-directions/travelling-to-queensland/entering-queensland-from-overseas
 

  • Western Australia州

到着時の抗原検査は必要ありません。
 
https://www.wa.gov.au/government/covid-19-coronavirus/covid-19-coronavirus-international-travel
 

コロナ緩和策

  • ビザ代の返金について

以下の条件の方はビザ代の返金があります。
2022年12月31日までに返金の申請が必要です。
 
・学生ビザで 2022年1月19日〜3月19日までに入国
・ワーホリビザで 2022年1月19日〜4月19日までに入国
 
https://studentandwhmrefunds.homeaffairs.gov.au/vrp 
 

  • 学生ビザの就労時間の緩和について

学生ビザで2週間あたり40時間までの就労可 → 時間制限なしに変更になっています。
今までの就労時間制限を超えて働くことができますが、学校にきちんと通った上での就労です。
また、学校のコース開始前でも就労スタート可に変更になっています。
 

  • 卒業生ビザの期間延長について

チャイルドケアコースのDiplomaを修了した後、卒業生ビザ申請を目指される方が多いですが、卒業生ビザの期間が1.5年 → 2年間に延長になりました。
今までより半年多く、就労などしながらオーストラリアに滞在することができます。
 

  • 国境閉鎖で渡航できなかった場合のビザ代返金

ワーキングホリデービザを取得したが、コロナによる影響で渡航ができなかった人、または早期帰国をしなければならなくなった人は、再申請の費用が無料。
2022年12月31日までに返金申請が必要です。
 
https://immi.homeaffairs.gov.au/change-in-situation/get-a-refund
 

ブログ一覧へ