2019.07.02

チャイルドケア学校

SELC シドニー校訪問

SELCシドニー校を訪問してきました。

電車の最寄り駅はTown Hall駅、または、Wynyard駅。徒歩5分程です。
ビルの入り口に看板があります。エレベーター横にも案内があります。

 

学校内の様子です。
SELCのシドニー校は2014年にオープンということもあり、建物内はとてもきれいです。

 

学校内には、チャイルドケアに必要な情報やポスターなどが貼られていたり、実習先のチャイルドケアセンターの様子なども貼ってあり、情報をシェアできる環境になっていました。

また、授業時にPCの貸し出しサービスもあるとのことです。(自分のパソコンの持ち込みも可)

 

SELCのチャイルドケアコースでは、ほかのカレッジよりも期間が短めになるように、プログラムが濃縮されています。また、実習時間も多めで、より、実践力を身につけれるようなカリキュラムになっています。チャイルドケアセンターともよくつながりのある先生が、カリキュラムを作成し、講師は、チャイルドケア経験者が教えています。
 
SELCのチャイルドケアコースでは、国籍も様々で、英語のサポート体制も力を入れています。授業の最初のタームで、チャイルドケアの理論について学ぶので、始めのタームが授業が一番大変に感じるかもしれませんが、枠組みや基盤について基礎的な知識をもった上で、実習やアルバイトを始めることができます。SELCは、英語力をしっかり身につけたい、チャイルドケアをしっかりと学びたい方にはいいかと思います。SELCでは、卒業生がボランティアとして在学生の学習のサポートをする仕組みもあるそうです。
 
SELCには、日本人スタッフが何名か在中していますので、生活や学習面での相談なども、日本語でも気軽に質問できる点は、安心です。
スタッフのDaichiさんは、学生の将来にとってプラスになるように、ポジティブなアドバイスをくれる方です。
 
写真右 シドニー校スタッフのDaichiさん。(ほか、女性スタッフもいます。)
左 オーストラリア保育留学 Kaz / 坂田和代

また、オーストラリア保育留学では、現地在住の保育士のサポーターがいます。
シドニーでは、現地に長年在住され、チャイルドケアセンターで働かれているスタッフ2人がサポートいたします。
生活のこと、学習のこと、シドニーでのチャイルドケア事情など、現地到着後もお気軽にご相談下さい。
また、チャイルドケアで働くときに役立つワークショップも行なっています。

 

ブログ一覧へ